2007年10月10日

FX会社を選ぶポイント

 FX初心者の人は、最初にFX会社に口座を作らなければなりません。インターネット上でのFXを扱っている会社はたくさんあり、初心者の方は選ぶのに迷ってしまうところです。そこで、以下ではFX会社を選ぶポイントを説明いたします。ポイントは、大きく分けて3つあると思います。


@取引手数料・スプレッド
 取引手数料は、説明するまでもないと思いますが、スプレッドというのは、「売りの値段」と「買いの値段」の差です。ちょっとわかりにくいかもしれませんが、ある時点での「売りの値段」と「買いの値段」は同じではありません。「1$100.00円」というのはありえなくて、実際は「1$100.00-100.03円」というふうになります。この場合、1$100.00円が「売り値段」で1$100.03円が「買い値段」、スプレッドは0.03円(3銭)です。
 つまり、スプレッドの分だけ、取引をした瞬間に損を抱えることになります。上の例では、1$100.03円で1$を買った瞬間に0.03円(3銭)損するということです。

 もちろん、取引手数料・スプレッドともに安い方がいいですが、投資スタイルが「長期+スワップ狙い」の人はそこまで気にしなくてもいいかもしれません。逆に、「短期+為替差益狙い」の人は、取引回数が増えますから、できるだけ安いFX会社がいいです。

 手数料・スプレッドが安いみんなのFX

 

Aスワップ金利
 上で説明した「スワップ金利」。実は、FX会社によって異なるんです。スワップ狙いの人は、このスワップ金利が高い会社がいいですね。

 スワップ金利が高いDMM FX

 



Bチャート分析機能
 特に、「短期+為替差益狙い」の人は、値動きを読まなくてはいけません。その際に必要になってくるのが、チャート(値動きのグラフ)を分析することです(テクニカル分析)。FX会社は、それぞれ、このチャートを分析する機能を備えていますが、やはり良し悪しがあるようです。

 チャート分析機能の評判が高いマネーパートナーズ


posted by じょせっち | おすすめFX会社